普段からできる対策!

普段からできる対策!

予防することが一番大事!

手洗い

インフルエンザに限った話ではありませんが、感染予防で最も大切なのが手洗いですね。人体からウイルスが離れた後も、どこかに付着したウイルスが感染力を保ったまま生きている可能性があります。それに触れたことがきっかけで人体にウイルスが侵入するため、手洗いは非常に重要なんですね。それに加えて、外出先でこまめに手が洗えない場合は口や鼻などの粘膜に触らないように注意しましょう。
手洗いの際のポイントがあります。手を洗うために水道から水を出すときに蛇口を触りますよね。自分の家ならまだしも、外出先のトイレなどを利用する際は、その蛇口に不特定多数の人が触れています。手を洗った直後は清潔でも、水を止めるために触った蛇口が汚かったら意味がありませんよね。そのため、ペーパータオルを使いながら蛇口を止めるといった工夫をしてください。

うがい

うがいも、手洗いと並んで重要な感染予防の方法です。手洗いと同様、うがいにも工夫が必要ですよ。手を使って水を口に含む人は要注意。手が汚れていたら意味がないからです。そのため、ちゃんとコップやペットボトルに入った水を使ったり、それらがないなら手をしっかり洗ってから口に水を含みましょう。消毒液を使ってうがいをする人もいるかもしれませんが、健康な粘膜を傷つける可能性があるので、できれば普通の水がいいです。それか、殺菌作用のある緑茶を使ってうがいをする方法もありますよ。以下に、緑茶うがいについて役立つ記事を紹介します。

Mart画像
有効な緑茶うがいの方法や、うがいで使用した茶殻をアレンジした料理が紹介されていますよ。

マスク

インフルエンザは空気感染をしないと言われていますが、自身に咳やくしゃみなどの症状があるときや、不特定多数の人と密着する環境にある場合、感染拡大を防止するための手段としてマスクが有効です。物理的に飛沫を遮断することができますよ。様々な種類がありますが、拡大防止のためであれば使い捨てマスクでOKです。以下に、市販のオススメマスクについて書かれた記事を紹介します。

@DIM画像
機能性などの観点から使いやすいマスクを紹介しているので、自身に合うマスクを選ぶための参考にしてください。

なお、ウイルスは目の粘膜から侵入することもあるので、伊達メガネや保護メガネも有効ですよ。

アルコール消毒

インフルエンザウイルスの予防にはアルコール消毒も有効です。消毒液を使う場合は濃度に注意する必要がありますが、最近はあらかじめ濃度が調整されている商品も増えてきましたね。購入する際は成分をしっかり確認しましょう。以下に、アルコール消毒液について詳しく書いてある記事を紹介します。

mybest画像
アルコール消毒液の種類や用途に応じた選び方、おすすめの消毒液などを紹介していますよ。

看護師へ情報発信インフルエンザに関するあらゆる情報を紹介しています。特に、治療に携わる機会のある看護師にとって役立つ情報が満載ですよ。お問合せは、こちらからお願いいたします。

インフルエンザのアレコレを知りたい看護師へ